泥藍

b0219883_3283241.jpg

1853年。
浦賀に来航する途中、沖縄に立ち寄ったペリー提督。

島のあまりの美しさに、「緑の島」とたたえた。

自然の恵みをいっぱいに受けてキラキラと輝く、
山と海の碧い風景が想像されます。

そんな美しい緑を飾った一つであったろう「琉球藍」。
主に沖縄県地方で育てられてきました。

過去形なのは、今ではほとんど栽培がされていないから。

「山原藍(やんばるあい)」とも呼ばれ、山原地方の山間部特有の
湿地を好み栽培されていたことが由来にあるそう。

  常に水分は用意してくれてよ。 直射日光? なんてとんでもなくって! 
  けども・・たまにはほどよく、太陽の光を浴びさせてくださる。  
  春に吹く東風は歓迎だけども、北風さんはごめんあそばせ。

なんていうように、琉球藍は結構手のかかる子です。

それだけ、愛情と時間をたっぷりとかけて育てられた分
さぞかし魅力的な藍色を帯びたことでしょう。

2011年。
三省堂に向かう途中、展示会に立ち寄ったokusta。

初めて見る琉球藍の泥藍に、「月面みたい」と心が踊る。

「月に行ったことがあるのですか?」と苦笑いのご婦人。

「いやいや、まさか行ったこと・・あるような気もします!?」

作り手の愛情、その土地の自然の恵み。
それらが藍色となって表われたとき。

その言葉にしがたい色彩が、心を豊かに自由にさせます。

南の島の夏の夜空はどんな藍色だろうか。
輝く星が見えるといいな。
[PR]
by okusta-jp | 2011-06-24 00:50 | 藍の話


藍にまつまるあれこれ。藍の魅力をひとつでも、感じていただけたらうれしいです。


by okusta-jp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30