<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2013.6.30

b0219883_18574265.jpg


「フジャキみたいさ、愛しい色ね」

フジャキ。。無邪気ってこと?

ふしぎな言葉だな〜と気になりながらも
おばぁの、藍や織りや家族の話しは続きまして。。

その意味、やっと分かりました。

フジャキは、クジャク!
きっと、おばぁは、孔雀って言ったんだ。

孔雀の真っ青な体を見て、この写真の色を思い出し
ピンっ! となりまして。

あれから2年。もう2年!?

あのときは、孔雀の体は緑色だと思っていたし
こんなに長い糸がどうやって染まるのか
小さな輪はなんのために付いているのか
不思議がいっぱいで、分からないことだらけ。

でも今は、染まるまでの準備や工程を想像できます。
知らない自分と、知ってる自分。

知る前に、まず見て、触って、感じなさい。

その意味がなんとなく最近分かってきたような。
まだ、なんとな〜く。

孔雀のオスも、この糸で羽を装ったらモテモテだあよ。
ギラギラに眩しく輝いちゃうさ。

もうすぐ、ギラギラ。
夏が、来るっ!
[PR]
by okusta-jp | 2013-06-30 21:20 | 日々

2013.6.17

【急ぐことは罪】

「急ぐことの対極にある場」にいる彫刻家が言った言葉。

染織には “急ぐ” という場面が、ないように思います。
タイミングを見計らい手際よく、ということはあっても
急いで、と言われたことは一度もありません。

ていねいに、一瞬一瞬の移ろいを、よく見て。
こんがらがったら、戻ってほどいて。

進んでいたはずが、気づけば後退しているときも。。

ついつい気持ちが焦りそうになるときは、
そんな「場」の写真を見て、ひと息、ふた息、深呼吸。

急ぐこと、必要なときもあるかもですが
急ぎ過ぎて、周りに「無関心」になるのは寂しいなと思うのです。

部屋にある、その場所の写真は、ずっと変わらぬ佇まいですが
実物は、ゆっくりと、着実に変化しているのだろうなと。

まだ写真でしか見たことのないそこには、
彼の作ったビワとイチジクがあるそうで。

さくらんぼも、柿も、栗も!
大きくなったら、その場所に、行ってみたいのです。
b0219883_22165921.jpg

[PR]
by okusta-jp | 2013-06-17 22:05 | 日々

2013.6.11

b0219883_0544070.jpg


道具もいっしょに染まってゆきます。

これは「伸子」といって、竹でできた細い棒の先端に針が付いたもの。

b0219883_124165.jpg


生地を染めるとき、幅を一定に保ち、しわになるのを防いでくれます。

竹も、染まるのです。

b0219883_0543989.jpg

[PR]
by okusta-jp | 2013-06-11 23:58 | 染織

2013.6.2

b0219883_20561110.jpg

歌うように話す女性に魅せられて
訪れたのは、山と海のある工房。

【Blue in Green】

ミドリから生まれる藍色は
工房に流れるジャズピアノの音にのって
凛としていながら自由でモダン。

作家さんと同じよう。
もっと、ここにいたいと思った。

いただいたワクワクとパワーで
小躍りステップとまらない。

とめぬまま、ワン、ツー、スキップ!
[PR]
by okusta-jp | 2013-06-02 22:40 | 日々


藍にまつまるあれこれ。藍の魅力をひとつでも、感じていただけたらうれしいです。


by okusta-jp

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30